idle049_TaskChuterの私のストレス対策~導入編~

20140626
photo credit: Amy McTigue via photopin cc

TaskChuteでプライベートを管理している私の現在の一番の課題がストレス

TaskChuteには、それ通り行動するれば最高にゴキゲンな毎日が送れるルーチンが組まれており、実際にその通りに行動すれば最高にハイ!になれることを実感しています。

しかし、仕事で思いがけないストレスを受けるとTaskChuteの「帰宅」ルーチンの開始時刻に現在時刻を打刻する気が起きない。。

その瞬間だけは、自分が真に望んでいる夢を実現するためのTaskChute通りの素晴らしく美しい規則正しい生活を送るより、ストレスを発散すること、その一点に意識が集中するのです。これぞ巷で話題の別人問題

別人問題は同一人物問題 | ライフハック心理学

確かに、このストレス発散欲求を我慢して、「帰宅」ルーチンを開始するという選択肢もあります。

実際そうしたら、寝るまで自動的に身体が動き、起きた時にはストレスなんて忘れてしまって新たにハッピーな1日をスタートできることを経験しています。

が、この我慢っていうやつは一番信用なりません

自分をそこまで信用しちゃいけません

我慢という魔法は、その時の残MPにより発動できるか否かが決まるので、そもそも大きなストレスを受けてMPを削り取られている場合、発動しない可能性の方が高いからです。

それに、目指すはストレスフリーの生活なので、我慢という要素を私の生活の中に組み込みたくない。

ということで、ストレス発散のルーチンタスクを帰宅後に追加するという方向性で解決を図ります。

現状の分析と仮説の立案はまた明日!

■怠惰な人に役立つ今日のまとめ■
自分を信用してはならない。仕組みで改善する。

以上!アイドリングタイムのイド♂(@idomars)でした。

ありがとうございました!

~~編集後記~~

私は、仕事で人に会うとストレスを感じるようで、特に発言をしなくても打合せ後は相当な疲労感が残ります。人より劣っている部分は認め、ほかの部分でこれをカバーしなければなりません。すべては現実を直視してから始まると考えます。

スポンサーリンク
レクタングル大



役に立つと思われたらシェアをお願いします。
また、何かご質問があれば、Twitterで喜んでお答えします♪

定期購読いただくと、わたしのやる気が100倍になります!

スポンサーリンク
レクタングル大