[i]親指シフト習得までの道~1日目|270分経過~

image

親指シフト始めました。という坂根(@sakane0958)さんの記事を見て、前々から興味を持っていた親指シフトを始めようかなぁと思っていたところ、親指シフターのイチ(@kumacharo115)さんと知り合いになったので、ついにわたしも具体的なアクションを取り始めました。

親指シフト始めました。 | 流れるような一日を

スポンサーリンク
レクタングル大

準備&教材

準備&教材は上記坂根さんの記事を参考に揃えました。先達が居るというのは本当に助かります。

親指シフトはPCにソフトを入れればすぐに始められます。色々ややこしい設定をしないといけないイメージは、完璧にわたしの勘違いでした。

Win用ソフトのやまぶきRは今年の3月に更新があり、Windows10にも対応していただけそうな雰囲気だったのも親指シフトを始める後押しになりました。

270分ひたすら練習

あとは、NICOLA派宣言さんの例文を繰り返すのみです。

NICOLA派宣言 | NICOLA 日本語入力コンソーシアム
Section 5. 右手打鍵の徹底練習 …


まずは「Section 4. ホームポジションの練習」から始めました。

最初の30分で例文の半分しか終わらず、例文を終わらせるのに合計1時間かかりました。

2周目は30分で2/3まで終わらせることができ、3周目は30分ですべて終わりました。

次は「Section 5. 右手打鍵の徹底練習」に移行。

「また同じ苦しみを味わうのであれば気が狂ってしまう」と、割と本気で思っていましたが、ホームポジションを一通り終えれば、右手左手打鍵の1/3はカバーできてるので、苦しみは和らぎます。

右手を2周で全文30分で終えることができ、左手も2周で全文30分で終えることができるようになりました。

さらに30分練習して、1日目を終えました。

270分の成果は…

そして2日目からさっそくこの記事を親指シフトで書き始めたわけですが、1時間で「気が狂いそう」のあたりまでしか書けず、残りはモブログで書いてます。。

そりゃ、そんな簡単には身に付かないわな。

モブログを使えば、ローマ字入力禁止という掟を破らなくて済むというのが、唯一の救いです。

親指シフトに挑戦したいブロガーはまずモブログ環境を!

[i][Android]するぷろ要らず?モブログ用ハサミスクリプトファミリー[iPhone] | アイドリングタイム

総括

「1日で親指シフトマスターできた!」なんてキャッチーな記事にしたかったのですが、これは無理ですね。

まずは一週間続けてレポしていきたいとおもいます。

photo credit: thumbs up via photopin (license)

edited by WorkFlowy×ハサミスクリプト

スポンサーリンク
レクタングル大



役に立つと思われたらシェアをお願いします。
また、何かご質問があれば、Twitterで喜んでお答えします♪

定期購読いただくと、わたしのやる気が100倍になります!

スポンサーリンク
レクタングル大