idle085_人柱決意記念|SONY ILCE-QX1におすすめのEマウントレンズは何か?

昨日国内で正式発表されたレンズスタイルカメラILCE-QX1。

QX1 | Eマウント | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | ソニー


ソニー Eマウントレンズを付けることによって、スマホと連携してデジタル一眼α5000と同じ写真が撮れるアイテムです。

今のところ使い道はないですが、その新規性のみを評価し、人柱になることを決めたので、状況別にILCE-QX1に合うレンズを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

まずは不適切なレンズを除外

このマウントはフルサイズ対応のFEマウントには対応していないので、フルサイズ対応のFEレンズがまず除外されます。

「FEレンズを付けても、焦点距離1.5倍のAPS-C画角で写真は撮れる」という意見もあると思いますが、そのために大きなレンズを付けるのはILCE-QX1の良さであるコンパクトさがスポイルされるので除外します。

また、ボディがないのでレンズを安定して構えられないことから、手ぶれの影響が大きい望遠系のレンズも使わない方が良いでしょう。

無論、三脚に載せて使うのであれば手ぶれの心配はありませんが、望遠系レンズをつけると重心が三脚座よりも前方になるので、それに耐えられる剛性のある三脚を使う必要があり、そうなると三脚が重くなり、これまたILCE-QX1の良さであるコンパクトさがスポイルされるので除外。

ILCE-QX1とレンズ1つで出かける場合

ILCE-QX1とレンズ1つだけであれば、集合写真からテーブルフォトまで様々な場面に対応するため、やはり標準域のズームレンズを選びたいところです。

となると、Eマウントは以下の二つしかありません。

▼ILCE-QX1とのセット販売もある E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650

焦点距離35mm換算24mm~75mmのズームレンズです。

電動ズームなので、手軽に撮影したいならこちらになるでしょう。

▼もっと描写にこだわりたい方へ Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

F4なのであまりボケませんが、焦点距離24mm~105mm相当までズームできるので、望遠側であればそれらしくボケます。

ズームデジカメと2台体制の場合

すでにデジカメは持っていて、起動速度が早いデジカメをメイン、LCE-QX1はサブで使いたい場合は、描写力に秀でた単焦点を持っていくのが良いと思います。

LCE-QX1と同時にフリーアングルシューティングキットADP-FSK1というものが出るらしく、様々なアングルからの撮影がしやすくなるので、面白い写真が撮れるかも知れません。

ADP-FSK1 | サイバーショット | ソニー



▼まずはEマウント単焦点の筆頭 Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z

素晴らしい描写力の焦点距離36mm相当のツァイスブランドのレンズ。

わたしも持っています。

しかし、わたしは写真をブログのための資料として撮ることが多いので、ついつい画角が自由自在のズームレンズを持っていく事が多く、全く使っていません。

LCE-QX1により持ち出すハードルが下がり、活躍の場が広がることを期待します。

▼神レンズ E 50mm F1.8 OSS SEL50F18

コスパが高く神レンズと呼ばれています。

わたしも持っていました。

中望遠75mm相当の画角は難しいですが、よくボケますし、試行錯誤するのが楽しいレンズでした。

オートフォーカスが少し遅いのが当時気になりましたが、2年ほど前ですし、LCE-QX1で撮影する時は基本的にじっくり時間が取れる状況だと思うので、気にしなくてよさそうです。

▼標準域のマクロレンズ E 30mm F3.5 Macro SEL30M35

テーブルフォトに必要な焦点距離45mm相当のマクロレンズ。

テーブルフォト&マクロ撮影だと被写界深度が浅すぎると何が写っているかわからなくなるので、F3.5~で充分だと思います。

なにより価格が安いのが良い

▼SIGMA三兄弟 19mm・30mm・60mm F2.8 DN

圧倒的な解像で有名なSIGMAのフォビオンセンサー搭載DPシリーズのレンズのEマウントバージョン。

解像力は折り紙付きなのに、安い。

しかも軽い

LCE-QX1に一番合っているかも知れません。

LCE-QX1が良ければ、マクロ的な使い方ができる60mmあたりを買ってしまいそうで、今から戦々恐々です。

番外編 : 登山するとき

ニッチですが、LCE-QX1は登山が趣味の方にウケるのではないかと思います。

登山では出来るだけ荷物を軽く小さくしたいので、LCE-QX1のコンセプトがガッチリハマります。

さらに、普通のデジカメよりLCE-QX1での撮影に時間がかかるとしても、山の中であれば誰にも迷惑はかかりません。

山を含めた風景写真はスケール感を出すために広角レンズを持って行く方が多いと思いますのでこちらがおすすめ。

▼Eマウントレンズ唯一の広角ズーム E 10-18mm F4 OSS SEL1018。

こちらとQX1とスマホを持って行くだけで済むので対画質比で最小・最軽量のカメラになります。

総括 : 眠っているレンズを活用できる良いガジェット

「Eマウントカメラを買って、レンズを買い揃えたけど、結局便利なズームしか使ってない」

なんて方が多いのではないでしょうか?

わたしがそうですから、多いはずです。

そんな方はLCE-QX1を買えば、眠っているレンズを再活用できるかも知れませんよ。



■怠惰な人に役立つまとめ■
どう使うか考えるが楽しい



以上!アイドリングタイムのイド♂(@idomars)でした。


ありがとうございました!



~~編集後記~~

買ったら熱の入ったレビューをしますので、お楽しみに。

スポンサーリンク
レクタングル大



役に立つと思われたらシェアをお願いします。
また、何かご質問があれば、Twitterで喜んでお答えします♪

定期購読いただくと、わたしのやる気が100倍になります!

スポンサーリンク
レクタングル大