idle043_Vibram FiveFingers SPYRIDON MRはトレイル&長距離に最適

日曜日は足を鍛える日として、ビブラムファイブフィンガーズ スピードを履いて、近くの湖の周りをジョギングしています。

湖の周りは砂利道が多く、裸足感覚のSPEEDを履いて走ると小石を踏む度に、「あ、痛い。あ、痛い。」となります。

この感覚も嫌いではないのですが、足裏にダメージが残るので、ビブラムファイブフィンガーズの買い増しを決意しました。

購入の判断基準は以下の2点でした。

1.砂利道を走っても足裏が痛くならないこと

2.やってみたいと思っているトレイルランに対応していること

そして購入したのがこのVibram FiveFingers SPYRIDON(スピリドン) MR

DSC00803

スポンサーリンク
レクタングル大

Vibram FiveFingers SPYRIDON の特徴

Vibram FiveFingers SPYRIDON はトレイランニグ専用モデルで、ゴツゴツした路面でも足にダメージを与えないようにソールが通常のビブラムファイブフィンガーズより厚めに設計されています。

また足を保護するため、アッパーとヒールも厚く保護範囲が広くなっています。

SPYRIDON MRとLSの違い

そして、SPYRIDON MRはSPYRIDONの最新2014日本未発売モデル

「せっかく新しく買うのであれば、最新モデルが良いでしょ!」という浪費家特有の論理展開により、海外から取り寄せてもらいました。

SPYRIDON MRのMRはマッドランナーの略で、旧モデルのSPYRIDON LSよりも水に強くなり、泥の中も走っても大丈夫です。

また、ソールの厚みがMRは4mm、LSは3.5mmと、MRの方が若干厚くなり保護性能が向上しています。

SPYRIDON MRとSPEEDの比較

足裏保護の強化

DSC00794

左がSPEED、右がSPYRIDON MRです。

ソールの形状が全然違います。SPEEDは足を自由に動かすことを目的に複数のブロックに分かれているのに対し、SPYRIDON MRは足裏保護を目的とし、ソールは一体です。

確かに、SPEEDはこのブロックの隙間で石を踏むと結構痛い。

SPYRIDON MRは悪路でもグリップを失わない様に3D加工での突起が付いています。

DSC00818

DSC00829

DSC00830

SPEEDよりソールは2mm厚くなり、4mmとなります。

DSC00797

よく見ると親指と小指の外側のソール面積が増えています。

DSC00813

SPEED

DSC00814

SPYRIDON MR

さらに、SPYRIDON MRは土踏まずの部分で石を踏んでも痛くないように補強が追加され、より広い範囲で足裏を保護します。

SPEEDの土踏まず部分をよく見ると穴が空いているでしょう。この部分で石を踏むと痛いし、このように外装が割けます。

水に強い

DSC00801

SPYRIDON MRのアッパー素材にはDRi-LEXという素材が使われており、シューズが塗れてもすぐ乾きます。

DSC00820

シューによりサイズ調整が簡単

SPEEDと同じく、サイズをヒモで調整できるSPYRIDON MR。

DSC00819

シューを引っ張って、アジャスターで絞り、マジックテープで留めるだけなので、SPEEDよりも簡単に早くサイズ調整可能です。

足首&ヒール保護

20140617-6.jpg

DSC00825

足首を保護するため、SPEEDよりもハイカットになっています。

また、ヒール部のソール範囲も広がっています。

SPYRIDON MR使用感

早速、SPYRIDON MRを履いて湖の周りを走ってみました。

ます感じたのが、「足裏が全然痛くならない!」

2mmの違いでここまで変わるとは思っていませんでした。

通常の道での足への衝撃も減り、足を鍛えいている感のあるSPEEDと違い、ずっと走っていられる気がします。SPEEDでレースに出る自信がなくても、SPYRIDON MRなら大丈夫かな。

「ハイカット部分が足首と接触して、足首にキズが出来るのではないか」と走る前に気になっていたのですが、そんなことはありませんでした。

それと引き替えに裸足感はSPEEDと比べて減りました

2mm増え、一体型となったソールと重さのせいでしょう。

DSC00806

SPEEDより59g重いです。

ただ、4mmで一体型のソールでも、普通のランニングシューズよりソールの柔軟性は高いです。

総括

個人的にはSPEEDの裸足感が好きです。

しかし、トレイルランを行う山は突起物に溢れているので、土踏まず含めソールが強化されているSPYRIDON MRの方が安心です。

足への衝撃が少ないのでレースでも使えそう。

今回でビブラムファイブフィンガーズの紹介は終わりですが、ビブラムファイブフィンガーズの一足目としては、一番裸足感を感じられるSPEEDやBIKILAをオススメします。

「いきなりソールが薄いシューズは不安だから・・・」とソールが厚めのモデルを選ぶのはファイブフィンガーズの良さが半減するのでもったいない。

シューズを自分に合わせるのでなく、練習方法を工夫して自分をシューズに合わせましょう!

その価値がビブラムファイブフィンガーズにはあります。

SPEEDやBIKILAを気に入ったら、用途によって買い増しをすれば良いかと思います。ビブラムファイブフィンガーズは20種類以上ありますから。

■怠惰な人に役立つ今日のまとめ■
SPEEDは練習用、SPYRIDON MRはレース用がいい

私がSPYRIDON MRを購入したのはこちらのお店です。
ビブラムファイブフィンガーズ専門店でラインアップも豊富。そして通販にも関わらずサイズ交換何度でも可能なので、フィッティングが難しいファイブフィンガーズの一足目を買うならこちらをオススメします。
Vibram Fivefingers(ビブラム ファイブフィンガーズ)専門店【サイズ交換OK・送料無料】

以上!アイドリングタイムのイド♂(@idomars)でした。

ありがとうございました!

~~編集後記~

ここまで裸足感覚シューズに入れ込んでても、裸足で走る気にはなれません。

走った後に足を拭く時間がもったいないですからね。

スポンサーリンク
レクタングル大



役に立つと思われたらシェアをお願いします。
また、何かご質問があれば、Twitterで喜んでお答えします♪

定期購読いただくと、わたしのやる気が100倍になります!

スポンサーリンク
レクタングル大