[i]TransferJet対応SDカードを買う前にこれだけは確認しろ!

20150725_transferjet

TransferJet対応SDカードを買おうとしているアーリーアダプター必見!

カメラを買い換えるならSDカードも変えなきゃな」と思っていたところ、TransferJet対応SDカード発売のニュースが飛び込んできたのでさっそく買おうとしたところ、意外な落とし穴にはまりかけました。

ほとんどの方は「いやいや、TransferJetってなんだよ」って感じだと思いますが、NFCのスゴい版だと思って、下記の「TransferJetのスゴいところ3つ」を読んでいただければとりあえず大丈夫です。

スポンサーリンク
レクタングル大

TransferJetのスゴいところ3つ

TransferJetのスゴいところ3つ!

1. 転送速度が速い

なお、世に広く普及した近接無線転送技術のNFCでも近距離データ転送は可能ですが、最大で848kbpsまでしか速度がでないため、転送速度としてはTransferJet の実効最大約375Mbpsに大きなアドバンテージがあります。
世界初のTransferJet 対応 SDカードは7月31日発売。iOS / Android / PC向けアダプタと高速転送 – Engadget Japanese

NFCはもちろん、Wi-Fiよりも速いですね。

RX100M3が対応しているIEEE802.11b/g/nの中の最速のnでも最大300Mbpsですし、次項の動画内ではWi-Fiの10倍速いと紹介されています。

2. 起動も(たぶん)速い

東芝のTransferJetアダプタ-の動画を見る限り、アプリを立ち上げてかざせば一瞬で転送が開始されます。

RX100M3では、スマホのNFCとカメラのNFCを合わせるとスマホのアプリが起動し、Wi-Fi経由で写真が自動転送される機能があります。

確かに便利なんですが。NFCの認識~写真転送完了まで結局1分ぐらいかかります

また、Eye-fi mobiも持っており、これは撮った写真を片っ端からWi-Fi経由でスマホに転送してくれる便利なSDカードなんですが、Wi-Fi接続にやはり数十秒かかります

いくらオートでも時間がかかるのなら、アプリを手動で立ち上げても数秒で転送完了するTransferJetの方が、せっかちなわたしはストレスが溜まらないわけです。

(ただ、上の動画はアダプタ-同士のものなので、対SDカードではどのぐらいの起動速度なのかはわかりません)

3. 電池消費が少ない

Eye-fiは便利なんですが、結構電池を消費します。

TransferJetは転送するときにだけ電気を使う仕様なので,電池消費はEye-fiより抑えられるはずです。

これは電池持ちがよいとは言えないdp0 quattroにピッタリ!買うしかない!

ヨドバシドットコムでTransferJet対応SDカード買ったあとで気づいた大切なこと

と言うことで、さっそくヨドバシドットコムで発売日の7/31(金)着で予約しました。

そして、写真をAndroidで受信するためのアダプタ-を今回予約購入したSDカードのヨドバシポイントで買おうと、ポイントが反映されるのを待っている間に、試しにTransferJetのAndroidアプリを入れてみようとしたところ。。。

20150725_transferjet

ちょっちょっちょっ! どういうこと!?

調べてみると簡単、USBホスト機能がないAndroid端末ではTransferJetアダプターは使えないと言うことでした。

F-05Fは出てから1年ぐらいの端末だから大丈夫だろうと高をくくっていたら、バッチリUSBホスト機能非対応でした。

最近の端末でもこのように機能がカットされていたりするので、ホント注意した方がいいです!

泣く泣くSDカードはキャンセルしました。。

総括

ガンダムファンでもないのに、TransferJet対応SDカードの外装が白いのにかけて、「ええい、連邦軍ののモビルスーツは化け物か!」とか使ってみようと、レビュー記事の内容まで考えていたのに非常に残念です。

でもこんなことにはならない。そう、iPhoneならね。



以上!アイドリングタイムのイド♂(@idomars)でした。


ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル大



役に立つと思われたらシェアをお願いします。
また、何かご質問があれば、Twitterで喜んでお答えします♪

定期購読いただくと、わたしのやる気が100倍になります!

スポンサーリンク
レクタングル大