[i]スイス モントルー~ユングフラウ ゴールデンパスラインの旅 1日目中盤

前半では地元からインターラーケンまでの道のりを紹介しました。中盤ではインターラーケン~モントルーまでを紹介します。

写真で伝わるかわかりませんが、感動的だったので、乞うご期待。

スポンサーリンク
レクタングル大

ゴールデンパスライン2:インターラーケン(Interlaken)からツヴァイジンメン(Zweisimmen)へ

ここがインターラーケンオスト。
2016040192switzerland
インターラーケンからツヴァイジンメンへと向かいます。
2016040184switzerland
ここから乗るレッチベルク鉄道はこんな感じの列車です。
2016040185switzerland
自転車を載せるスペースがあったので見てみたら、「狭っ!」
2016040186switzerland
と思いましたが、どうやら吊して、縦に載せるようですね。それならこの狭さでも十分です。さすが自転車先進国や!
2016040187switzerland
この列車の一等車はこんな感じ。
2016040188switzerland
こちらが二等車。一等車と比べて両側2席なので席幅が狭いです。でも違いはそのくらいですね。「高いお金払った意味はあったのか・・・」と思ってしまいます。
2016040191switzerland
チューリッヒのトイレが有料だったので我慢していたトイレを車内で済ませます。
2016040189switzerland
車両が古いので、トイレもキレイではありませんでした。
2016040190switzerland
席に戻ると、テープルに「良いご旅行を」の文字が!なんかうれしい!
2016040193switzerland
出発前に、切符を確認。一番上にかかれている期間だったら、いつ使い始めてもOKです。下の真ん中ら辺にある1/2というのはハーフフェアカードという割引カードを使って、半額で切符を買った証拠です。
2016040194switzerland
定価では350スイスフランだった切符を175スイスフランで買ったわけです。ハーフフェアカードは1年間で165フランだったので、このチケットだけで元が取れてしまう計算です。あとは使えば使うだけ得をします。また、価格の高い一等車の方が割引額が大きくなるわけですから、つい一等車を選んでしまいたくなりますね。

さあ、出発です。インターラーケンの西側の湖、トゥーン湖。やはりデカい。
2016040196switzerland
2016040197switzerland
2016040198switzerland
途中の駅。
2016040199switzerland
なんか険しい山が近づいてきたぞ。
20160401101switzerland
霧を身にまとって、独特の雰囲気を醸し出してます。
20160401102switzerland
20160401103switzerland
山の裏側はこんな感じ。岩むき出し。スイスの山は恐ろしい。。
20160401106switzerland
20160401107switzerland
20160401108switzerland
この山があったのはここら辺です。
2016040115switzerland
あとは、またスイスっぽい風景が続きます。
20160401109switzerland
20160401110switzerland
ボーッと風景を見ていたら、ツヴァイジンメンに着きました。

ゴールデンパスライン3: ツヴァイジンメン(Zweisimmen)からモントルー(Montreux)へ

次に乗る最後の電車、モントルー・オーベルラン・ベルノア鉄道。なんか、かっこいいぞ。
2016040111switzerland
「ゴールデンパスレールウェイ」と書いてあるぞ。観光列車って感じでテンション上がっていきます。
20160401112switzerland
車体金色だし。
20160401113switzerland
ゴールデンパスだからでしょうか。
20160401114switzerland
実はこの列車だけ、席を予約しています。ドイツ語読めないから意味不明だけど、たぶん11号車だろう。
20160401117switzerland
ということで、一等11号車発見しました。「車両」って書いてある!中国語かも知れないけど。。
20160401116switzerland
これまでで一番一等車らしい外観に心躍る。
20160401115switzerland
こちらは二等車。
20160401118switzerland
そしてこちらが、、
20160401119switzerland
一等車!スゲー!!一等車のチケット買って良かったと初めて思いました。
20160401121switzerland
わたしの席。赤い布に「RESERVATION」と書いてあり、ちゃんと確保されていました。
20160401120switzerland
しかしながら、切符を見に来たおっちゃんに、「ガラガラだから、席移動してもいいよ」と言われたので、広い4人席に移動して出発!
20160401123switzerland
少し走ると雪がちらほら。
20160401124switzerland
20160401126switzerland
停車駅の一つです。駅舎に木が使われていておしゃれな感じ。この路線は完全に観光用っぽいですね。
20160401127switzerland
こういう木造の家がある風景がレ・マン湖前までひたすら続きます。
20160401129switzerland
そして、レ・マン湖が見えてきました!
20160401130switzerland
デカーい!
20160401132switzerland
向こう岸にある山もデカーい!
20160401137switzerland
曇り空から差す夕日が神々しい。
20160401135switzerland
なんと神秘的な!ハァ・・・思わずため息が出ます。こんなRPGに出てくるような景色が本当に存在するとは。
20160401136switzerland
京都にいた頃は琵琶湖、浜松にいた頃は浜名湖をよく見ていましたが、もはやそんなレベルではない。外国かぷれの人間はあまり好きではないのですが、こんな絶景を見せられたら「外国スゲー!日本イマイチ」と思ってしまうのも仕方ないかなと思いました。それほどの衝撃です。
20160401138switzerland
と、感動している内にモントルー駅に着きました。到着は18:13。昼前に出発したわけですから、結構な長旅でございました。
20160401140switzerland

感動のあまり、写真山盛りになってしまったので、残りは次回に回します。次回は、ホテルと夕食の紹介です。


以上!アイドリングタイムのイド♂(@idomars)でした。


ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル大



役に立つと思われたらシェアをお願いします。
また、何かご質問があれば、Twitterで喜んでお答えします♪

定期購読いただくと、わたしのやる気が100倍になります!

スポンサーリンク
レクタングル大