[i]親指シフト習得までの道~10日目|2045分経過~

wpid-wp-1435619971063.jpeg

親指シフト生活10日目が終了しました。

スポンサーリンク
レクタングル大

10日目の投入時間270分

10日目は、ブログ作成で120分、仕事で60分ぐらい文字を打つ時間がありました。

打った文字数は、感覚ですが2500文字ぐらいかと思います。

純粋な練習時間は90分でした。

打ち込んだ文字数は約3630字。

10日目終了時点で、投入時間950分+1095分=2045分、練習文字数約30190字、実践文字数約13000字です。

新たに始めたこと

やまぶきRの親指シフト(NICOLA配列)の[:]が[BackSpace]になっていることに今さらながら気づき、使い始めました。

XKeymacsをカスタマイズして[CapsLock]を[Ctrl]に置き換え、[CapsLock]+[H]に[BackSpace]機能を割り当てて使っていたので、これで少し楽ができる。と思いきや、日本語入力OFFにすると[:]の[BackSpace]も使えなくなるので、日本語入力のときは[:]、英語入力のときは[CapsLock]+[H]を使うというややこしい環境になってしまいました。

「いつも[CapsLock]+[H]使えばイイじゃない」と言われそうですが、XKeymacsの動作が不安定なのか、わたしの環境だとChromeやFirefox上で[CapsLock]+[H]を押すと、ブラウザのショートカット[Ctrl]+[H]が発動し、履歴が立ち上がることがしばしばあるので、常に[CapsLock]+[H]を使えるわけではないのです。

ということで、[:]と[CapsLock]+[H]を併用することになりますが、どちらにしろホームポジションを崩さずに文章を編集できるので、ストレスが減ります。

まだ慣れる必要がありますが、正規の[BackSpace]を使う気には二度とならないであろうと思えるほどには気に入ってます。

他の機能もホームポジションの周囲に集約していき、ホームポジションを死守して行こうと思います。

2045分の成果は…

異手同指の押し間違いに、音は関係ないようです。

この間違いをどうにかなくしたい。

総括

昨日まででご託は並べ終わったので、あとは練習あるのみです。



photo credit: thumbs up via photopin (license)

edited by WorkFlowy×ハサミスクリプト


以上!アイドリングタイムのイド♂(@idomars)でした。


ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル大



役に立つと思われたらシェアをお願いします。
また、何かご質問があれば、Twitterで喜んでお答えします♪

定期購読いただくと、わたしのやる気が100倍になります!

スポンサーリンク
レクタングル大