[i]フィットネストラッカーにGPSは必要ない理由

20150520_battery

絶賛愛用中のFitbit Charge HRを買った際、「せっかくだったらGPSも付いてればよかったのに」と思いました。

それで色々調べた結果、現時点でフィットネストラッカーにGPSは内蔵する必要はないという結論に達しました。今回は、その理由を共有します。

スポンサーリンク
レクタングル大

なぜGPSが欲しかったのか?

まずはFitbit Charge HRにGPSが付いていて欲しかった理由ですが、まとめると以下の2点となります。

  1. ランニング時の距離を記録するために、スマホを持って行くのが面倒くさいから
  2. ランニング時の走行ペースを知りたいから

まず1についてですが、Charge HRでランニング時の距離を記録するには、スマホのFit bitアプリを起動する必要があります。なので、ランニング時にはスマホを携帯する必要があります。なんだかんだでスマホはかさばるので、これは面倒です。

2については、マラソン大会出場を視野に入れたランニングをする際は、1kmあたり何分で走っているかのペースを基準にトレーニングメニューを組むことになるので、GPSデータを基にしたペース表示機能はついていて欲しかったのです。1

フィットネストラッカーにGPSは必要ない理由

上記のように思っていたわたしが、Charge HRをはじめとしたフィットネストラッカーにGPSは必要ないと結論づけた理由はたった一点。

GPSを使うとバッテリーの減りが劇的に早くなるから

GPS内蔵モデルFitbit Surgeを調べてわかったこと

Fitbitには日本未発売のSurgeというCharge HRの上位モデルがあります。

Fitbit Surge | Fitbit Surge

SurgeとCharge HRのハード部の大きな違いは以下の2つです。

  1. 連続使用日数 Surge:最長7日間 Charge HR:最長5日間
  2. SurgeはGPS内蔵

しかし、SurgeでGPSを使用した際の最長動作時間はたったの5時間です。

フル充電した Surge は GPS アクティビティを最大 5 時間記録できます。GPS を使用するアクティビティを行った後は、Surge を充電することをお勧めします。
Help article: Surge でランニングやエクササイズを記録したいのですが、どうしたらいいですか?

Charge HRよりもバッテリー保ちの良いSurgeで5時間しか保たないなら、Charge HRにGPSが付いていたら動作時間はもっと短かったことでしょう。それに、これだけ急激にバッテリーを消費してしまうのであれば、充電回数が増えるので、Charge HRの長所がスポイルされてしまいます。

▼おまけ:SurgeとCharge HRの比較

20150515_chargehr_surge比較

フィットネストラッカーに必要な2つの要素

個人的に、フィットネストラッカーは以下の2つの要素を満たしている必要があると思います。

  1. かさばらない
  2. 電池持ちが良い

GPS内蔵のフィットネストラッカーで2を満たすには、現状ではバッテリーを増やすという解決策しかありませんが、そうすると1に反することになります。

なので、バッテリー技術か、GPSの省電力技術の革新が起こるまでフィットネストラッカーにGPSは必要ないという結論に至ったのです。


以上!アイドリングタイムのイド♂(@idomars)でした。


ありがとうございました!


photo credit: Battery via photopin (license)

Google playFitbit
Fitbit評価: 4.0 / 5段階中
価格: 無料 (2015/4/25 時点)

posted by: AndroidHTML v3.0

~~編集後記~~

トレーニングするときは精度面から考えてもポラール・ガーミンのツールを使った方がよいかも。


  1. Apple WatchはCharge HRと同じくGPSは内蔵していませんが、Watch単体の加速度センサーのデータ or iPhoneのGPSデータからペースを表示できるので、厳密に言えばGPS内蔵うんぬんではなくペース表示機能の話ですが 
スポンサーリンク
レクタングル大



役に立つと思われたらシェアをお願いします。
また、何かご質問があれば、Twitterで喜んでお答えします♪

定期購読いただくと、わたしのやる気が100倍になります!

スポンサーリンク
レクタングル大