[i]Charge HRとApple Watchを比較してみた

20150506_compare_1

Charge HRの機能をベースにApple Watchと比較してみました。

Charge HRはフィットネストラッカー、いわゆる活動量計であり、Apple watchはスマートウォッチなので、比較すること自体ナンセンスですが、どちらかの購入の参考になればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

フィットネス系測定項目比較

歩数、カロリーはCharge HR、Apple Watch共に測れるので両者の違いだけ取り上げます。

心拍計

20150506_compare_1

Charge HRは運動時1秒間隔で心拍を測れる上、平常時も5秒間隔で心拍を記録します。

Apple watchは運動時の測定間隔は公表されておらず、平常時は10分間隔です。

心拍数測定の仕組みは、運動時は両者とも同じ光学式ですが、Apple watchは平常時は光学式から赤外線センサーを使った方式に切り替えます。おそらくバッテリー持ちを考慮してのことだと思いますが、光学式の方が測定精度が高いことはアップルのHPでも触れられています。

赤外線システムで妥当な測定値が得られない場合は緑色 LED に切り替わります。
心拍数。その意味と Apple Watch での表示方法。 – Apple サポート

光学式の5秒間隔の測定と赤外線システムを使った10分間隔の測定、明らかに前者の測定精度の方が高そうです。

登った階数

20150506_compare_1

高度計が搭載されたCharge HRでは登った階数が測定できます。心拍数が測れていれば、個人的には必要性を感じませんが、登った階数に応じてバッジを貰えるのでやる気が促進されるかも?

Apple Watchには高度計は搭載されていません。

ペース

20150506_compare_3

Apple Watchでは、ランニング時のペースが表示可能です。Apple watch単体の歩数からのペース算出では正確さに疑問が残りますが、iPhoneのGPSデータを使ったペース算出であれば、ペースを決めて走るペース走やビルドアップ走などに使えそうです。

Charge HRにはペース表示機能はありません。

睡眠状態記録

20150506_compare_1

Charge HRは自動で睡眠を検知し、眠りの深さを記録してくれます。「自動」なので、文字通り何もしなくていいのでラクです。

Apple watchには睡眠状態を記録する機能はありません。最大18時間しかバッテリーが保たないのであれば、寝るときには充電しなければならないので仕方がありません。

バッテリー

20150506_compare_5

Charge HRは最長5日間使えると公表されています。実際に使うと、途中でバッテリー切れになってしまうと24h心拍数を測れるメリットがなくなってしまうので、バッテリー切れになる前に充電することになります。それでも週に2回の充電で済みます。バッテリー切れを気にしなければ、5日は確実に使えると思います。

Charge HRをBluetoothでスマホ(Android)と接続しっぱなしにしていますが、スマホ側のバッテリー持ちが悪くなったという印象もありません。

Apple watchは前述の通り、最大18時間しか使えません。Apple Watchと接続したiPhoneのバッテリー持ちが悪くなるという話もあります。Apple Watchの方が圧倒的に多機能なので仕方がありません。

アプリ

20150429_fitbitapp2_2

Charge HRはFitbitアプリで、Charge HRで記録したデータに加え、摂取したカロリーも一括で管理できます。

iPhoneにも「ヘルスケア」というアプリがあり、上記のApple Watchで測定できない登った階数や睡眠状態や摂取カロリーを他のアプリとの連携することにより記録できるそうです。

今年はiPhoneでダイエット!ヘルスケアを使って睡眠時間や消費カロリーを記録 – 週アスPLUS

「なるほど、Apple WatchはiPhoneを使うことを前提に、それを補う機能だけを乗っけたのか」と納得しかけましたが、どうやら2015/05/05時点で「ヘルスケア」とApple Watchのアプリ「アクティビティ」は連携していないようで、どうやら片手落ちのようです。

iPhoneのヘルスケアとApple Watchのアクティビティで歩数カウントの違いが出てしまう – カズログ

総括

Apple Watchは「時計の再発明」などと謳われていますが、購入された方の生活は変わったのでしょうか?

Charge HRを買ったわたしの生活は変わりました。毎日の消費カロリーと摂取カロリーが見える化されたことにより、以前より運動量と食事量に気を遣うようになりました。また、これまではチェストスラップ型心拍計を付けていたランニングでも、何の用意もなしに走り出すことができるようになり、快適になりました。

Apple Watchも今後のソフトウェアのアップデートにより、使う人の生活を変える可能性は十分にあると思いますが、現時点で確実に生活を変えてくれるのはCharge HRでしょう。




■怠惰な人に役立つまとめ■
ガジェヲタとしては今後のApple Watchに期待したい



以上!アイドリングタイムのイド♂(@idomars)でした。


ありがとうございました!

Google playFitbit
Fitbit評価: 4.0 / 5段階中
価格: 無料 (2015/4/25 時点)

posted by: AndroidHTML v3.0

~~編集後記~~

この記述、Apple Watchの常時心拍測定を否定している様で笑った。

ミラネーゼループは留め金部分がマグネットで無段階調整で腕にぴったりと吸着する。パソコン作業中などは肘の近くなどに固定しておくこともでき便利だ。
最速レビュー! アップルウォッチは本当に腕時計の再発明か? ( page 3 ) | GQ JAPAN

スポンサーリンク
レクタングル大



役に立つと思われたらシェアをお願いします。
また、何かご質問があれば、Twitterで喜んでお答えします♪

定期購読いただくと、わたしのやる気が100倍になります!

スポンサーリンク
レクタングル大